HOME>水元・金町エリア>金町といえば水元公園

都心にも近い公園

水元公園は、葛飾区と三郷市の境にあり、長さ約3km、面積は東京ドーム20個分もある都内唯一の水郷公園です。広大な敷地には、小合溜め(こあいだめ)という準用河川を筆頭にいくつかの水場があり、鷺(サギ)や翡翠(カワセミ)、冬にはカモや白鳥などの渡り鳥が観察できます。ポプラ並木やイチョウ並木、メタセコイアの森、雑木エリア、草地が広がる広場など、比較的エリアを区切って様々な植物が植えられており、場所によって大きく変わる景色がみどころです。春には桜、6月には菖蒲、初夏には蓮や水連など水辺の花が咲き誇る美しい景色も見ることができます。園内にあるレンタサイクル(冬季は休業)を借りれば広い敷地内の移動もスムーズに行えます。また、園内には運動できるような整地されたスペースやキャンプ場やバーベキュー場、ドッグラン(いずれも事前登録や有料)などレジャーに特化した施設も充実しています。生き物や植物の観察会なども定期的に行っています。休日やイベント時は混み合う水元公園ですが、平日は人が少ないので目の前いっぱいに広がる自然を独り占めした気になれること請け合いですよ。都会の喧騒を忘れて、鳥や水面や樹々を眺めたり、釣りをしたり、絵を描くのもよいかもしれませんね。金町駅北口バス停からバスで5分、園内に駐車場があるのでお車で来られる際も安心です。東京都区内とは思えないくらい豊かな自然を体感してみませんか。

新着記事リスト

広告募集中