移動時間は短くて便利です。

葛飾区内を走る公共交通機関といえば京成電鉄というのはこの地を知っている人にとっては言わずと知れたことかもしれません。東京都内と千葉県内に路線がある大手の私鉄で、京成という名まえは東京の京と千葉県内の終点の駅である成田の成の2文字を取ってつけられたそうです。東京都内は上野、押上から、千葉県内は成田まで走っていますが、京成電鉄に乗ればこの間にあちこちの観光地に気軽に行くことができます。特に柴又は全国的に有名で誰もが知っているところですが、もちろん場所は葛飾区です。ここは帝釈天など国民的な映画「男はつらいよ」の舞台としても有名ですが、この映画に関しての資料館などの他、少し歩けば千葉県との県境の江戸川の土手に出ることができます。ここは矢切の渡しという渡し舟でも有名で、休日にはたくさんの人が乗船するために待っています。京成電鉄の高砂駅は乗り換えをするために重要ですが、柴又に行くにも高砂駅が拠点となります。金町行きの電車に乗るのが乗りかえなしで便利ですが、成田方面に行く電車に乗った場合には高砂で乗りかええる必要があります。京成電車は千葉県に入れば別ですが、葛飾区内を走る間は下町を走っているということができるので、下町の雰囲気を気軽に味わうことができる電車だということができるでしょう。駅と駅の区間の移動時間もそれほど長くはありません。他にも堀切菖蒲園など気軽に楽しめる場所に行きやすい電車です。

新着記事リスト

広告募集中